住民トラブルで警察騒ぎになった場合の対処法とは?

スポンサーリンク
▼オンラインで完結する引っ越し見積もり

引越し侍予約サービス

隣人からの騒音被害に遭ったら警察に通報しても良いのか?

隣人から騒音被害に遭った時は、警察に通報して良いか悩むものです。

良いか否かでいえば可能だと答えられますが、緊急性がなければ躊躇してしまうのも事実です。

勿論、直接玄関のドアを叩いて大声で威嚇したり、身の危険を感じるようなら速やかな電話が得策でしょう。

しかし、壁を叩いたり大音量で音楽を流す場合は、微妙に警察に訴えにくいのも確かです。

電話をしても、警察官が駆けつける前に止んでしまえば立証は難しいので、証拠を確保しつつ通報を検討することをおすすめします。

通報によって気になるのは、その後誰が警察に伝えたかバレてしまい、余計に騒音被害が大きくなることです。

この為、警察に通報するのは緊急を要するケースか、十分に証拠を集めてからの方が賢明です。

110番するか、交番に相談するか?

警察に通報を決めた場合は、110番か交番に相談するかが選択肢になります。

110番は警察の総合的な窓口で、相談内容に合わせて自動的に対応してくれるのが特徴です。

交番は身近で頼りになる存在ですが、何時でも警察官が在席するとは限らないです。

不在中は相談できませんし、何より通報が遅れてしまいますから、基本的には110番に電話をしましょう。

110番で相談した内容は、警察で共有されて問題の対処にあたります。

交番の場合だと、相談してから上に伝わるまでに時間差が生じたり、十分に共有されない可能性が懸念されます。

対応の確実性やスピードを求めるのであれば、やはり110番がベストな相談先で、真っ先に相談して損はないはずです。

110番通報の準備、何を聴かれるのか?匿名でも問題ないのか?

110番に通報する際は、トラブルの発生場所や時間帯を整理して、正確に伝えられるようにするのが基本です。

問題の発生を伝えても、場所が分からなければ確認できませんし、時間も不明では対応不可能です。

逆に、物事が時系列にまとめて、それを正確に伝えることができれば、警察は動きやすく対処も速やかに行なえます。

何を聴かれるのかは気になるところですが、事故や事件のいずれかが尋ねられるので、騒音が起こしている人がいると伝えるのが正解です。

後は場所や時間帯に経緯が聴かれますから、聴かれた通りに1つずつ答えるだけです。

また警察のルール上通報者の名前なども尋ねられますが、匿名でも大丈夫です。

しかし、自宅の電話で通報すると番号を知られますから、公衆電話などから掛けるのが良いでしょう。

騒音主とコミュニケーションした直後の通報は注意

騒音主と直接的にやり取りを行った後は、匿名で通報しても誰かバレる恐れがあります。

苦情を訴え掛けた後に通報を行えば、その人物の予測は容易ですから、直ぐに通報するのは控えるのが無難です。

騒音主とコミュニケーションを取ったら直後に通報しない、あるいは事前に騒音主と直接関わらないのが理想的です。

悪手を選んでしまうと、騒音主の怒りが増して逆恨みされ、直接的なトラブルに発展するリスクに繋がります。

相手の感情を刺激するような対処は、自分に落ち度がなくても悪者にされてしまうので、匿名性を保って冷静に対処しましょう。

解決を急いでも良いことはありません。

から、不安を感じてもまずは深呼吸で落ち着いて、それから110番です。

 

緊急でない場合は管理会社や相談専用電話も活用する

騒音に困っていても緊急でなければ、管理会社や相談専用の電話を活用するのも手です。

事件性があれば警察は動きますが、当事者間に留まる程度の問題だと、当人達で解決するように促すことがあります。

ただ、ジワリジワリとストレスで精神が蝕むタイプの騒音は厄介で、警察に相談しても対応してもらえないと困ります。

そういう時は管理会社に注意してもらったり、警察の相談専用電話9110で相談を行うのがおすすめです。

どの方法で相談する時も、証拠は残しておいた方が良いですから、スマートフォンの動画機能などで記録しましょう。

可能なら複数回のトラブルの記録を残し、必要な時に提出したり確認してもらうことが、トラブル解消の効果的な方法となります。

タイトルとURLをコピーしました