住民トラブルで「誰かに相談したい」時、対応はどうする?

スポンサーリンク
▼オンラインで完結する引っ越し見積もり

引越し侍予約サービス

近隣住民とトラブルになった場合、賃貸物件であれば取るべき手段は比較的簡単です。

賃貸物件なら管理会社へ報告・相談

なぜなら管理会社に報告や相談をすれば、たいていは解決に向けて間に入ってくれるからです。

たとえば、無断で自分の駐車場を使っている住民がいれば、報告することで本人に注意や警告を行ってくれるでしょう。

その背景にあるのは、住民トラブルが大きくなった場合に入居者が減ってしまうリスクです。

早期に解決しておかないと、賃貸物件を見に来た人が異様な雰囲気を察知して敬遠してしまう可能性があります。それどころか嫌気がさして現在の入居者が出ていくこともあるのです。

したがって、管理会社にも直接的な影響がある事案として積極的に介入してもらえる見込みがあります。

面識のある相手なら“直談判”

第三者を入れてしまうと話がこじれてしまうケースは珍しくありません。

先述の管理会社のように特別な立場の組織に頼むならスムーズに進みやすいですが、そうでなければ第三者の主観によって問題が複雑化してしまうことも多いです。

したがって、面識があって話が通用しそうであれば、まずは直接交渉してみると良いでしょう。自分が気付かないうちに相手に迷惑をかけているのはよくある話です。

誠意を込めてお願いすることで、迷惑をかけていたことを知ってすんなりと謝ってくれるケースも見受けられます。

間接的に言われると腹が立つことでも、面と向かって直談判されると受け入れたくなる人もいるのです。

今後の関係を良好に保ちやすいというメリットもあります。

戸建てなら、自治会へ相談する

戸建ての場合はずっと住み続けるのが一般的なので、多くの人はしっかり解決しつつ穏便に済ませたいと考えるでしょう。

しかし、そこに住んでいる人にしか分からないパワーバランスが存在するのを忘れてはいけません。

明らかに相手に非があっても慎重に行動する必要があります。昔から住んでいる有力者の場合は、文句を言ったというだけで周囲から疎外される恐れもあるからです。

理不尽であると感じるかもしれませんが、自分が最も暮らしやすい結果を迎えられるように配慮しましょう。

そのためは自治会に相談して、多くの人を味方に付けるのも有効な手段となります。

自治会であればパワーバランスも熟知しているので、穏便に済ませる方向に持っていける可能性も高いです。

役所への相談で解決できるケースもある

管理会社や自治会を通しても解決できそうにないトラブルでも、役所を頼ることでスムーズに解決できる場合があります。

たとえば、多くの役所にある生活課には、日常生活で起こった困りごとを相談できる窓口があります。

もちろん、住民トラブルにも対応しているので頼ってみると良いでしょう。ただし、何かを強制的に執行してくれることはないので、勘違いしてはいけません。

基本的には足を運んで仲裁するようなこともなく、あくまでも公的な立場からアドバイスをする程度に留めるのが一般的です。

意味がないと感じるかもしれませんが、公的な知見が得られると行動を起こしやすくなります。

それを受けて解決のための手順をしっかり進めていくことが大事です。

最悪を想定して法律家へ相談するケース

解決に向かう気配がないのであれば、法律に照らし合わせるのが一番です。

感情を抜きして判定することで白黒がはっきりしますし、相手が悪い場合は賠償してもらえるケースもあります。

とはいえ、素人にそのような判断は難しく、いくら法的な内容を主張しても聞き入れてもらえないことも少なくありません。

そこでポイントになるのは法律家に相談してみることです。自分の主張に自信を持てるだけでなく、法律家が関わっていることをアピールすれば、相手が折れる可能性を高められます。

それでも平行線をたどるのであれば、調停や裁判に発展することもあるでしょう。

その場合は、相談していた法律家に協力を依頼すれば円滑に進められるので有利になります。

タイトルとURLをコピーしました